>
特定処遇改善加算に対する取組

特定処遇改善加算に対する取組

当法人では次の取り組みを行なっています。

 

職場環境等について

資質の向上

働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)

 

労働環境・処遇の改善

健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備

 

その他

非正規職員から正規職員への転換

 

賃金改善について

実施期間

令和元年12月分~令和2年5月分 

 

対象職員

介護福祉士を含む介護職員

 

一人当たりの平均賃金改善見込み額

①経験・技能のある介護常勤職員 月額\11,000

②他介護常勤職員        月額 \5,000

③介護非常勤職員        時給    \30

【①の基準設定の考え方】

当法人に10年以上(毎年4月1日現在)勤務し、介護福祉士資格を有し、かつ他の介護職員と比較し、年収440万円を超える知識・能力・技能がある者。

 

 

医療法人 美 篶 会
理事長 中原 和徳